社会保険とは

社会保険について

社会保険とは、社会保障の分野のひとつで、国民が生活する上での疾病、高齢化、失業、労働災害、介護などの事故(リスク)に備えて、事前に強制加入の保険にはいることによって、事故(リスク)が起こった時に現金又は現物給付により生活を保障する相互扶助の仕組みである。

ウィキペディアではその様に説明されていました。
簡単に言うと、先にあるリスクに対して保険料を支払っておき、不測の事態になった時に保障をしてくれると言う仕組みです。

日本での社会保険は、医療保険、長寿医療、年金保険、労働保険、介護保険、船員保険の6種類に分かれている。

社会保険の成り立ち

社会保険制度が生まれたのはドイツからでした。
1880年頃、イギリス等に比べると、経済的に後進国であったドイツは、急速に産業革命を進め経済的発展を図るために、労働運動を抑圧する必要があり社会主義者鎮圧法が制定されていきました。
その反面で労働者にアメを与える目的として、福祉の向上を訴えたのが始まりです。

日本では、第一次世界大戦後に健康保険法が制定された事が始まりで、年金制度等の整備をする際に、国民皆保険・国民皆年金が実現していった。