健康保険について

健康保険について

健康保険について

このページでは健康保険について少し詳しく見て行きたいとおもいます。

健康保険は、日本の公的医療保険制度で、すなわち社会保障のうち社会保険(医療保険)に分類され、健康保険に加入する被保険者が医療の必要な状態になったとき医療費を保険者が一部負担する制度をいう。

ウィキペディアではその様に解説されています。
何だか堅くて分かりにくいので、簡単に説明すると、国が運営する保障の中で医療費に関するものの事を言います。

日本では「国民皆保険」とされているために、原則的に日本国内に住所を持っている全国民は強制的に加入する事になっている。日本在住の外国人も、何らかの形で強制的に保険に加入する事となる。
例がとしては生活保護の受給者や住所不特定者になる。

日本で最初の健康保険制度は大正時代に生まれた。
鉱山労働者等の危険な事業についているものの為に組合が結成された事だった。
国民皆保険が達成されたのは昭和の中頃だった。

健康保険と混合診療

健康保険は、国が定めた範囲の治療にのみ適用されます。
最新の治療方法や歯列矯正・美容整形等は保険適用外の治療になり、自由診療と呼ばれます。
その様な自由診療と健康保険を使った保険診療は混在する事が禁止されています。
※歯科や一部の例外を除く

健康保険適用の診療を受けて居ても、一部でも保険適用外の治療が混合すると、自由診療となり、全額自己負担となってしまう。
医療は日々進化をしているので、最新の治療法を積極的に取り入れる事が出来ない等の問題が起こっている。