医療保険について

医療保険について

医療保険について

医療保険も混同して考えている人が多いようです。
現在も多くの民間保険会社がTVでCMをしていますよね。
それによって医療保険は任意でかけるものといった意識を持っている人が少なくありません。

そう考えても日常生活には全く支障は無いのですが、正しい知識を知ることで新しい発見があるかもしれません。
では医療保険について見て行きましょう。

医療保険とはとは、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険である。

ウィキペディアにはそう載っています。
簡単に言えば自分が払うはずの医療費のを保険が負担してくれると言う事です。

もともと貧困によって高額の医療費が払う事が出来ないことが無い様に生活の安定を考えて作られた制度でした。

長期の入院や、最先端の技術を使った治療に歯高額の医療費が必要になってくる場合に、保険の掛け金が多くなり過ぎる事の無い様に、保障範囲が制限されてものがほとんどです。
強制的に加入となる公的医療保険と、任意による加入の民間医療保険の2種類があります。

公的医療保険

行政によって定められている医療保険でめ被保険者の範囲が定められている。
健康保険、共済組合、国民健康保険のどれかに加入する事になる。
共済組合は公務員・教員等の組織なので、一般の人が加入する事はない。

高齢者は医療との接し方が違う為に、別で用意されている後期高齢者医療制度の対象になる。
先進国では医療保険制度を用意している所が多いが、対象者の範囲・財源方式については国により大きく違う。

民間医療保険

民間医療保険は任意での加入で、契約者の所得や財産に応じて、保険会社が用意するメニューからプランを選ぶことが可能になる。
多数の保険会社があるので、多数のプランから自分に合った保険を選択する事が可能です。

民間保険会社役割は公的医療保険の適用範囲の影響を受けるのでその内容は国によって大きく変わってくる。
日本では公的保障が充実しているために、補助としての役割が多くなっている。